七草粥について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

七草粥は、1月7日の「人日の節句」に食べる節句料理です。
七草粥を食べるのは

邪気を祓い万病を除き、無病息を願う

呪術的な意味があります。
その他にも、おせち料理で疲れた胃を休める効果や

野菜が少ない冬場に、不足しがちな栄養分を補う意味もあります。


七草粥の由来

七草粥の風習は、平安時代に中国から伝わったもので

七草には、邪気を祓う効果があるとされ

元々は七種の菜を、汁物として食していました。
日本では1月15日に、小豆粥を食べる風習があったことから

室町時代以降は、汁物ではなく粥へと変化しました。

ちなみに七草粥は、いつ食べるのが正解なのか?

に関しては1月7日の「朝」が正解になります。

七草粥の「七草」ですが、この七草は「秋の七草」を指していて

春の七草は、「七種」が正解のようです。
読み方は同じ「ななくさ」なので

なんかややこしいですよね

最近はスーパーなどで、七草のセットが売られているので

作るのも簡単ですよね^^
1月7日の朝食には、七草粥を食べて

1年間健康に過ごせるように祈願しましょう

前日(1月6日)の夜に、七草をしゃもじや包丁の背で叩き

細かくしておいて、朝に粥を炊いて七草を入れ、朝食として食べます。

※正式には「七草の歌」というものがあり

その歌を歌いながら細かく叩くそうです
我が家は、いつも晩御飯に食べてたので、間違っていたようです

キャラクターおせち特集2018